スタディサプリ中学生講座の口コミ。小学6年生から中学1年生の現在も利用

小学生の間に中学の先取勉強をさせたかったが、市販の問題集などでは自分で理解するのがなかなか難しく、塾に通うより自宅で勉強したかったため、スタディサプリを選びました。

私立の進学校では学生全員にスタディサプリの登録をさせている学校があるときいて、ちょっと調べてみたら、1ヵ月の利用料も意外と安くてほかの教材とあまりにも価格がちがうのでなぜだろうと最初は不思議でした。

そんななか、スタディサプリを立ち上げた山口さんが出演されているYouTube動画と出会い「そういうことか!」と思いました。もう即決で契約しました。

スタディサプリ中学生講座のメリット・気に入っている点

・料金が安いのが助かります。

・小学4年生の分野まで戻って復習できたり、先取り学習ができるのがよいと思います。

・自分のペースでできるので、休みの日に何も予定がないときは、まとめて動画を見たりしています。

・テキストがシンプルなのがよいです。

・わかりやすく飽きさせない動画なので、勉強の負担が少ないようです。親のわたしがみても、おもしろくて次々と見てしまいます。自分が学生の時代にもこんなサービスがあったらよかったのにと思います。

スタディサプリ中学生講座のデメリット・不満な点

・問題演習はついていないので、別途問題集などを探して購入する必要があります。

・インプットだけなので、わかったつもりになっていて、実際には問題を解けないということもあります。

・動画を見てわからない点があっても、質問することはできません。

・声をかけないと勉強を開始しないことがあります。自己管理できるようになるまではサポートが必要かもしれません。

Z会高校受験講座iPadスタイルの口コミ。中学1年から高校入学まで利用

部活等が忙しく、でも成績を落としたくないという相談が子どもからあって、職場の同僚と相談したところZ会がいいよという話を聞いて、契約することにしました。
有名なZ会でしたので、わたしも夫も納得して、隙間時間につかわせてみました。

Z会は普通の紙の教材もありますが、普通の紙の教科書で勉強させるより、タブレットを利用させた方が、情報機器になれさせる事もできるので、タブレット学習の方を契約する事にしました。

Z会高校受験講座iPadスタイルのメリット・気に入っている点

・すき間時間は人間だれしもがあるのですが、このスキ間時間になにをするかで、結構成績はかわってきます。そういう意味で、まとまった時間をとらなくていいのはメリットだと思います。

・保護者アプリがあるので、子どもの学習状況の進捗が確認できる点が非常に便利だと思いました。また教材の内容も良いようで、子どもも成績を維持出来ています。

・タブレットでの学習は教材をたくさん開いてやる必要がないのでシンプルに机が使えますね。太い本も必要ないので場所を取りません。

・自分の好きなタイミングでできる点は塾と違い良いです。 また、ゲーム感覚でできるのも本人にとっても良いと思います。

・今の時代は、インターネットが普及しているため、情報機器を使いこなす必要があり、早い段階でタブレットを使わせる事は情報機器に興味を持ってもらうきっかけにもなり、良い結果につながりました。

Z会高校受験講座iPadスタイルのデメリット・不満な点

・タブレットちょっと大きかったですね、スマホでできるやつの方がいいかなと悩んでいます。画面が見にくい等あるのですが、ポケットにはいらないですし、鞄からだすのもめんどうだし、そうすればいいか検討中です。

・このためにiPadを購入したのですが、正直初期投資として高額だという風に感じられました。その後で子供の成績やアプリの使い勝手の良さで、これもやむなしと思うことは出来ましたが。

・タブレットは長時間使用すると目が悪くなると思うので、長時間勉強してほしいけれど、あまりタブレットを見過ぎないように注意しなければならないので、その点が親として難しいです。

スマイルゼミ中学生コースの口コミ。中学1年から中学2年まで使っていました

中学生の息子に2年生までスマイルゼミの中学生コースを使わせていました。

高校進学時の際には就職・進学どちらも選択できるレベルの高校に行かせたいと思っていたので、学習はおろそかにしてはいけないと考えていました。

最初は塾に行く事も考えましたが、送り迎えが大変なので自宅で好きな時間に出来るタブレット学習教材を選びました。

スマイルゼミは家のポストにチラシがはいっていたこともありますが、いろいろ比較してみて、自動採点と管理をしてくれる点が気に入り、スマイルゼミに決めました。

スマイルゼミ中学生コースのメリット・気に入っている点

・自宅で好きなタイミングで勉強できる点。塾だと時間が決まっていて、食事などをその時間にあわせないといけませんし、送り迎えなどもあり、家族が子供の塾通いに振り回されるという話をよくききます。でも、スマイルゼミなら普通に日常生活を送っている中のすきまじかんで勉強できるので、生活にゆとりができます。

・ゲーム感覚で勉強ができるため、子供も気に入って使っています。学習習慣がついたように思います。

・いままでわからないところや間違った問題は放置していることが多かったのですが、タブレットだとすぐに解説が表示されるので便利なようです。間違った問題はタブレットのほうで記憶しておいてくれて、繰り返し出題されます。これなら苦手の克服ができそうです。

スマイルゼミ中学生コースのデメリット・不満な点

・はたから見ていると、サクサク進みすぎて適当にやっているように見えます。間違った問題で解説が表示されていても、読まずにどんどん進んでいることがあります。

・いつでもできるので、つい後回しにしてしまったり、やらずに寝てしまうこともよくあります。自分でルールを決めて、それを守れるようにならないと、きっちりこなすのは難しいのかなと思いました。いまは、9時になったら声をかけるようにしています。

・長い時間タブレットの液晶画面を見続けていることもあるので、目が疲れたり肩がこることもあるようで、その点はちょっと心配です。

 

中学生向け進研ゼミの口コミ。「小学6年生から続けています」

娘は現在中学1年生です。
ずっとオリジナルの紙の教材を使っていましたが、年々タブレット学習の機能と内容が充実してきたので、小6の春に進研ゼミ中学口座ハイブリッドスタイルに変えました。

半年以上、進研ゼミのタブレットを使わせてみて、親目線で気づいたことを書きます。

進研ゼミ中学講座ハイブリッドスタイルのメリット、気に入っているところ

・短時間で効率よく学習できているようです。また、勉強だけでなく電子書籍なども充実しているので、いろんな使い方ができる点が良いです。

・アラームを設定できるので勉強を始めるきっかけになっています。学習の習慣化によいと思います。

・勉強道具がコンパクトで、紙のゴミがたくさん出ない点がよいです。紙の教材が多いと机が散らかってしまうので。

・解きなおしのシステムがよい。間違えたところは何回もやり直すことになるので定着に役立つ。

やはりタブレットは便利だと感じています。手軽に勉強を始められるし、紙が散乱して必要なものを探すのに時間がかかることもありません。

外出先にもっていくこともあります。ちょっとした待ち時間などがあるときに学習時間にあてられるのも助かります。

紙の教材だと、間違えた問題を再度やり直すのは面倒で放置していることが多かったのですが、タブレットでは間違えた問題を自動的に何度も出題してくれるようなシステムになっているようで、意識しなくても定着のための繰り返しができるのはとてもよいと感じました。

進研ゼミ中学講座ハイブリッドスタイルのデメリット、気に入らない点

・丸付けをしなくてよいのはラクだけど、子供がどこでつまづいているのか気づきにくい。

・実際に手を動かして紙に書いて学習しないと身につかない。

・たまにWi-Fiがつながりにくくて困るときがある。

・タッチペンでタブレットに書いてもちゃんと認識してくれないことがある。

・問題は繰り返しが多く、実際には問題量をこなせていないので、別途問題集を買う必要がある。

子供は気に入って学習していますが、学習しているつもりでも意外と身についていないことが多いように感じます。

やはり自分で本で調べたり、手を動かして紙に書いたりという従来からの学習方法は大切なのかもしれません。

とはいえ、タブレットならではのよいところもたくさんあるので、紙の問題集と併用したりして、もうしばらく継続させようと思います。